• ご予約・お問い合わせ:075-791-3681(平日・祝日 /9:00-18:30、土/18:00まで、日曜休診)
  • ご相談・お問い合わせ
  • 24時間受付:かんたんWEB予約
  • 24時間受付:かんたんLINE予約・相談
京都下鴨ライフ歯科・矯正歯科・小児歯科

Q&A

患者様のお口のお悩みに
お答えします

「矯正を始めたいけどよく分からない」「自分の症状に最適な治療方法は?」など、お口についてのお悩みを抱えていませんか?
京都下鴨ライフ歯科・矯正歯科・小児歯科に多く寄せられる歯科に関するお悩みやご相談に、歯科医師がお答えします。ぜひご参考ください。

全てのカテゴリー

  • 治療費以外に別途費用(交通費・出張費)は発生しますか?

    Dr.三輪

    治療費以外の費用は、全て医院が負担いたします。
    謝礼等も一切いただきませんのでご安心ください。

  • 事前に準備しておくものはありますか?

    Dr.奥村

    患者さまご本人の「保険証」、また対象の方は「介護認定証」「身体障害者受給者証」を当日までにご用意ください。日常的に服用しているお薬がある場合は「お薬手帳」「服用説明書」も必要です。
    治療器具一式を持参いたしますので、治療に関してご準備いただくものは特にありません。
    その他、患者さまが普段お使いの口腔ケアグッズやタオル等があればご本人さまも安心かもしれません。

  • 主治医(医科)の承諾は必要ですか?

    Dr.小道

    全身の健康状態によっては、歯科治療の範囲を検討する必要がございます。
    「重度の疾患をお持ちの方」「診療当日にお身体の状態が優れない方」は事前に医科の主治医へご相談いただき、必要に応じて許可や診断書をご準備いただくようお願いします。
    「精神的な障がいをお持ちの方」も医科の主治医の診断書が必要になることがありますので、ご用意いただけると安心です。

  • 他院で抜歯が必要と言われました。再生療法で残せるのでしょうか?

    Dr.清水

    どの患者さまにも必ず再生療法が行えるという訳ではなく、歯や歯茎、歯を支える骨の状態・位置によっては再生療法ができないこともあります。とは言え、歯を抜かずに済む可能性は十分にありますので、まずは相談・検査を受けに京都市左京区の歯医者 京都下鴨ライフ歯科・矯正歯科・小児歯科へ気軽にご来院ください。セカンドオピニオンとしてご利用いただいても大丈夫です。
    実際に検査する中で万が一歯を残せない場合でも、患者さまにとって一番良い治療を提案させていただきます。

  • 再生療法に使用する材料は副作用がありますか?

    Dr.細見

    副作用のほとんどない、安全性が確立されている材料を使用しています。
    しかし、患者さまの持病やアレルギーなどによっては使用できない材料もあります。事前の問診や検査で詳しく確認・説明していますので、気になることや不安なことがあればお気軽にご相談ください。

  • 再生療法にはどれくらいの治療期間がかかりますか?

    Dr.西本

    一人ひとりの体質や治療内容により異なりますが、再生療法の外科手術を行って歯周組織が再生するまで6ヶ月ほどかかります。問題なく治療が完了するよう、治癒期間中は2~3ヶ月に一回の頻度で経過観察に通っていただきます。
    またその後は、歯周病の再発予防のために、定期的にメインテナンスを受けていただくことをおすすめしています。

  • 歯はなぜ変色するのですか?

    Dr.三輪

    歯の着色汚れの原因としては、色素の濃い飲食物(赤ワイン・コーヒー・紅茶・カレー・チョコレートなど)や抗生物質(テトラサイクリン系)の摂取、喫煙、加齢などが考えられます。
    その他にも歯の神経が死んでしまった場合も変色は起こります。この場合ホワイトニング以外の方法としてラミネートベニアによって歯を白くすることも可能ですので、お気軽にご相談ください。

  • 治療中の食生活に制限はありますか?

    Dr.奥村

    ホワイトニング直後は外部からの影響を受けやすく、歯が着色しやすくなっています。治療後12時間~24時間に限り、喫煙や着色しやすい飲食物(赤ワイン・コーヒー・紅茶・カレー・チョコレートなど)の摂取をなるべくお控えください。

  • ホワイトニングの効果はどのくらいですか?

    Dr.小道

    患者さま毎に元々の歯の色やご自宅でのケアが異なるため個人差はありますが、通常では治療前の歯の色見本から2段階分程度は白くすることができます。持続期間は約半年〜数年ほどとなりますが、治療後も歯科医院にて半年に1度程度のメインテナンスを行ったり、ご自宅でメインテナンス用歯みがき剤を使用したセルフケアを行うことで、よりホワイトニング効果を持続させることができます。

  • 妊娠中のレントゲン撮影で胎児への影響はありませんか?

    Dr.山下

    医科のX線撮影とは異なり、歯科では低被曝なレントゲンを使用するほか、撮影箇所もお口のみに絞られます。また、撮影時にはX線を遮断する防護用エプロンを着用して腹部を隠すため、胎児はもちろん、母体への影響もかなり少ないと言えます。